トップ / ネットの引用の注意点について

ネットの引用の注意点について

ネットの引用の注意点

インターネットでの引用

レポートなど文章を作成する際に、参考文献としてインターネットの情報を利用する機会が増えました。手軽に検索できて、コピーや貼り付けなんかもできますから、とても有難いですよね。しかし、インターネットに載っている情報がすべて正しいかというと、決してそんなことはありません。例を挙げると、Wikipedia(ウィキペディア)はちょっと知りたいときに使うと便利ですが、誰でも簡単に編集できてしまうので、よく知りもしない素人がにわか知識を書き込んでいることも少なくないのが現状です。絶対に引用してはいけません。もしネットの情報を参考文献にしたいのであれば、信用できるサイト(国家機関やWHOなどの情報が信頼できる機関)からの引用がお勧めです。

ネット速度

引用文字をネットで検索する

インターネットの最大の利点は他人の言葉や事例を容易に引用する事が出来る事だ、しかし、それを日常的にやっていると、ついつい、何時のまにか、その意見や考え方がまるで自分のオリジナルかの様な錯覚をしてしまう事がある。確かにこうしたインターネットを使った調べ物は簡単ではあるが反面、引用した内容が頭に入ってない事がしばしばで、自分では覚えたつもりでも、少しの時間が経つと、全くその事を忘れてしまって上手く人に説明出来なかったりもする。特に会社のプレゼンテーション等でかっこよさをアピールしようと、変に理解してない言葉等を使っていると肝心な時に上手く説明出来なくて恥をかく事もある。そんな事を防ぐ為にも調べ物はきちんと自分のものになるまで何度も反復調査と言葉の意味を多方面から知っている事が重要になってくる。

↑PAGE TOP

© Copyright インターネットと金融. All rights reserved.